FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
*長文です;




あと1ヶ月半で今の職場を辞めてしまう川上さん。


「こういう風に会える機会は減るかもしれない。寂しいね・・・」

と、言ってくれます。





でも、いっつもその後に余計な一言が・・・

「ま、ねこさんはどうだかわかりませんけど




・・・・・・・・・・はぁ


{{{p(●`□´●)q}}} むかつくぅぅぅう~~~っ!!!


っていうか何なの?なんでまだそんなこと言う??

ううう・・・

。゚゚(」。≧□≦)」<ノヾヵャ□オ~ッ!!!





本当は私だって寂しいし
これからも今までみたいに会いたいし
っていうか今だってすでに会いたいし
(つまりは常に会いたいと思ってるんですけど)
ずーーーーーーーっと一緒にいたいし
もっと私のことを好きになってほしいし
好きで好きでどうしようもないくらいになってほしいし
欲を言ったらキリがない。



川上さんが好きって言ってくれること、信じてないわけじゃないけど、
ほんとに思って言ってくれてるんだと思うけど、それでも不安は常にある。
川上さんに会えると、それはそれは嬉しいけれど、会った後がひどく苦しい。
川上さんを好きな気持ちが溢れ出してきて、切ないというか、呼吸ができなくなるような・・・。

・・・これは、同じような境遇にある人なら、感じたことがあるのではないでしょうか?

それでも最近はまだいい方で。だいぶ慣れました。
だけどやっぱり苦しくなるのは同じ。
長い時間一緒に過ごしたり、川上さんが近くに感じられるような時間を過ごした後は尚更。
いわゆる「恋煩い」みたいな感じなんですけどね。
昨日もそうでした。






川上さんが私のことを絶対忘れないように、
川上さんの心の中にナイフで私の名前を刻み込みたいくらいです。
川上さんが私から離れられなくなっちゃえばいいと思う。
川上さんが毎日、私に会えることを渇望するようになればいい。

・・・これが私の現実を無視した本音です。

好きなんですよ。川上さんのことが。
すごく好きだったら、私だけを見て、私のことだけ考えてほしいっていう
感情が自然と生じてしまいますよね?
好きな人にとっての特別でありたいじゃないですか。





でもね、不倫という現実があるわけですから。
自分の中に生じてくる感情を、そのまま受け入れることが幸せに繋がるとは思いません。
現実に合う形でコントロールすることが必要だと思ってます。
・・・不倫しちゃってる時点で、できてないんですけどね。。。




会いたいときに会いたいって言いたいですよ。
でも言えない。
「大丈夫そうだな」って思えたときには言う。
だって、川上さんの迷惑になりたくない。
それに、断られるのもこわい。
家庭の事情で断られたときに、その現実を突きつけられるのがこわい。

川上さんが家に帰らなきゃいけなそうなときは、
言われる前に察するように心がけてるし、絶対に引き止めません。
寂しいとも言わない。
言っちゃいけないような気がするんです。

だって私、不倫相手ですから・・・。



私は最初から、いろんなことを諦めなきゃいけなかったんです。
全ての望みを持ってはいけないんです。

最初に川上さんと身体の関係を持ったときに思ったことがあります。
川上さんのことが好きだから、うれしい気持ちはあったけど。
そのとき気づいたんです。
ああ、私は最初から失恋してたんだなーって。
知り合った時点で川上さんは結婚していた。
その時点でアウトです。
好きになったって意味がないんだよ、
好きでいること自体は勝手だけど、普通に誰かに恋するのとは違うんだよ、
心のどこかで何かを諦めなきゃいけないんだよ、って思った。





既婚者を好きになってしまった人の中には、
例えば「離婚して自分と結婚してほしい」って思ってる人も一部はいるかもしれないけれど、
大多数はそうは思わないんじゃないかと思います。
私も思いません。とんでもないことです。
だけど、そうは思わないからと言って、完全に割り切っているわけでもないと思うんです。
特に独身女性の場合は。
既婚者を好きでいるには、何かを諦めるというか、心の一部分を抑えるしかないんじゃないかな。
そしてそれが、好きになればなるほどつらくなるんじゃないかなって思います。






・・・わかったような偉そうなこと言ってすみません(汗
しかもわかりづらくてすみません(汗






『川上さんのことを好きでいること』=『永遠の片想い』と、
私は心の奥底で、みなしているのかもしれません。
川上さんが私のことを特別に思ってくれているのはわかる。
そういう意味では相思相愛なのでしょうけれど。
でも、なんか、そうじゃなくて。
満足する、ってときは訪れないような気がします。
好きでいる限りは。
でもそれは仕方のないことだから。
それが嫌だとは言えません。



最近は、もしかしたら川上さんもそういう部分あるのかな?とも思います。
川上さんは若いおねーちゃんとニャンニャンできれば満足なのかと
最初の頃は思ってましたけど(笑
泊まったときに話して、川上さんにも色んな思いというか我慢というか
そういうものがあるのかなって感じました。
まーだから、川上さんも私のことをそんなに好きじゃなくなったら、
ほんとに上に書いたことのような感じで満足するのかもしれないけど








・・・なんか今日の記事を書き始めたときと、だいぶ内容変わっちゃった(^^;
長いのに読んでくださってありがとうございました。

2009.02.16 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。