FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
私が愛した男たち の続きです。




けんちゃんが都会に帰ってしまった日。
わんわん泣いて鼻血まで流したわけですが、すぐに元気になりました☆
なぜなら、けんちゃんは電車の中でメールをくれて、家に着いたら電話をくれたので。


そしてけんちゃんは、言ってくれたとおり、すぐ会いにきてくれることになりました。
確か帰った日から2週間後だったと思います。
それまでの間は毎日電話とメールをしていて、寂しくありませんでした。
今は川上さんともハッチとも、頻繁にメールしたり電話したりってことは無いんですが、
当時は花の女子高生だったので(笑、メールなんて当たり前でした。
それに、勉強漬けの毎日で、寂しいとか言ってる場合でもなかったので。






私とけんちゃんが出会ってお互いの気持ちに気付いたのが夏のこと。
けんちゃんが帰ってしまったのが約2ヵ月後、秋の始まる頃でした。




その間にどんどん仲良くなってラブラブカップル化していったわけなのですが・・・
私とけんちゃんは、若い女と男。
ぶっちゃけ、 ムラムラ しておりました。
私は経験が無かったので、簡単に処女を捨てる気はありませんでした。
でもけんちゃんのことは初めて本当に好きになり、
処女を捧げたい!と思ったのです(〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ
・・・それに、思春期だったのでエッチなことにとても興味があったのですww笑





それでも未知の世界には変わりないので、やっぱり怖い気持ちはありました。
(・・・ワクワクの方が余裕で勝ってましたけど

そこで、誰かに詳しいことを教えてもらうことにしました。
私が先生として選んだのは・・・同じ塾に通っていた、『加藤くん』

加藤くんは違う高校に通っていて、ちょっとした不良でした。
勉強の合間に塾の裏でよくタバコを吸っていて、たまに一緒に近くの文房具屋に行くと、
信じられないほど沢山のペンを私の見ていない間に万引きしているような男の子。
私は不良では無かったので(だからと言って真面目でもなくただの平凡な女子高生)、
「そんなの盗ってきちゃだめ!」と怒っていましたが、なぜか仲良くしていました。
加藤くんは2年くらい、ある女の子(その子も同じ年)と付き合ったり別れたりしていたのですが、
別れる理由が彼女さんの乱交だったりして、
私には縁のない世界の話をいつもびっくりしながら聞かせてもらってました。


「ねぇ、加藤・・・ちょっと教えて欲しいことがあるんだけど・・・」

「おー、ねこ、どうした?」

「あのさ・・・・セックスってどうやればいいの!?

ブ━.;:;:(゚ε;:(゚;:.3.;:゚);:з゚);:;:.━ッ!!
おっ、おま・・・笑。おまえ、けんさんとやろうとしてんの?」
(加藤くんはけんちゃんを知っていました。)

「うん・・・(照
だけどやったことなくてわかんないから、いろいろ教えてよ!」


「おーし、任せとけ!俺に何でも聞いてみろ!」






・・・こうして、この日から加藤君の初体験講義が始まったのでした。





つづく。

2009.03.01 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。